信頼の求人広告媒体

取り扱い求人媒体種別
最後の手段 信頼の求人広告媒体
信頼の求人広告媒体今まで、求人といえばハローワークへの登録、リクルートやマイナビなどの大手媒体への出稿か、人材派遣会社への登録といった人材募集活動の発注が常識でした。しかし、そのような人材サービスの会社ほどリクルーティングサイト(求人採用サイト)に力を入れ、積極的な採用活動の最先端を走っているのをご存じでしょうか?人材こそが企業成長の鍵であり原動力ですから、求人サービスと平行して最高に優秀な人材は自社で採用したいと考えるのは必然です。 求人採用をビジネスにしつつノウハウを蓄積させ、最先端で最大効果を生む手法を実践しているのが実情といえます。

弊社の取引先のお客様でも大手求人サイトへの掲載、登録をしているところはありますが、非常にコストがかかり、費用対効果が悪いと嘆いているところが多いです。
実際、かけるコストや規模に差があり、同じ求人媒体に掲載していても大企業の条件や待遇などには太刀打ちできないですから仕方のないことです。膨大な求人情報の中からお客様の会社が選ばれるのは難しいことです。

けれども、歴史と信頼、ノウハウの蓄積がある大手求人サイトを頼りに求職活動を行っている人が多いのも事実ですから、見切りをつけるわけにはいきません。弊社は大手求人サイトの代理店も行っていますので各種媒体への出稿が可能です。

主な取り扱い求人媒体

 
 
しかしながら、手段としては3番手

  • ①まず第一に求人専用サイト作成
  • ②次にエリアや業種を選定したリスティング広告
  • ③最後の手段としての有料求人媒体掲載
と捉えて提案しています。
大手求人サイトに掲載しても、応募に値する条件や待遇が記載されていないと意味をなしませんし、求職者は応募候補の会社ホームページや求人採用サイトを調べて会社の雰囲気や仕事内容を深く知った上で応募しますので、それにふさわしいサイトを有していないと意味をなしません。
求人採用サイトはもちろん、会社サイトもない状態で求人媒体にお金をかけて出稿するのは間違いであると考えています。
弊社独自の提案とサービス
前述の通り、求人広告媒体への掲載は、掲載するにふさわしい条件が整ってから、それでもなお、求人採用に苦労している企業への3番目の手段であると考えていますが、求人媒体は有名なところばかりではありません。地域や業種、条件など様々な要素を検討すれば、費用対効果の高そうな媒体や無料で掲載できるもの(採用課金などではありません)もあるのです。
弊社で求人採用サイト作成やリスティング広告への出稿をしていただいたお客様を対象にそのような媒体の提案や代行掲載サービスを承っております。
無料媒体

求人Free

http://www.onecoin.co.jp/free/

求人情報「Q-JiN」

http://www.q-jin.ne.jp/
求人検索エンジン(課金が必要な場合アリ)

Indeed

http://jp.indeed.com/

キャリアジェット

http://www.careerjet.jp/
上記はほんの一例です。
その他、地域や業種、条件などで様々な媒体があります。
それらへ掲載することで速攻性のある結果が得られるかどうかは未知数ですが、SEO効果、アクセス対策には間違いのないものですので、手を打って損は絶対にありません。
お問い合わせ
必須種別
必須御社名
必須ご担当者様名
必須メールアドレス
ホームページ
必須電話番号 - -
必須相談や質問

 

取材・撮影
取材・撮影弊社では全ての制作物に関して、動画(インタビュー)・静止画撮影を用いた丁寧な取材を行う事を徹底しました。かつては、メールのみのやりとりや取材シートを送付し、原稿、データ待ちのような仕事も行っていましたが、お客様の元に出向き、意図や目的をヒアリングし、それをしっかりと制作物に表現することが大事であると思い至りました。

取材内容を元に、徹底した作りこみをした上でお客様に提示しますので、時間が経っても制作物が完成しない、なかなか形にならないといった問題を解消し、完成レベルに近い形でお客様に提示し、そこから各種調整や修正を図っていきます。

企画のご提案から、調整、取材、撮影まで対応させていただいております。
それをWebや紙媒体にワンソースで使用できるのが弊社の強みです。

集客でも求人でもより成果の出るものに変えてみせます。

問題を抱えたら、ネットで調べます。そして一番信用できそうなしっかりしたホームページを選びます。
これは、お客様にも求人にも言えることではないでしょうか?
末永く経営していくためには、設備や技術、サービスと同じくらい大事なことであるとおもいます。
誰もがみなスマホを見ている今の状況と未来をよく考えてみてください。

技術もサービスも向上し、設備や施設も拡張や改修が必要なのと同様、ホームページも進化・成長が必要です。