求人採用サイト

求人採用サイト制作
求人情報サイトや紙媒体にお金をかけて募集するという流れから、自社サイトの求人ページを充実させ、そこから求職者を獲得するという手法が浸透してきました。
文字数や表現に制約がなく、自由に会社の情報やイメージが伝えられるので、意識の高い求職者はそこまでチェックして応募してくるのです。しかし、会社案内のようなサイトや多くの情報がのっているオフィシャルサイトの中に求人ページがあっても、多数の中の1ページに過ぎませんから目立たない。そこで、求人採用に目的を絞った「求人採用専門サイト」「リクルーティングサイト」の需要が高まってきました。 ホームページの目的が「求人採用」だけなので、ユーザーがみても一目瞭然になるのです。
必要な時期に応じて、その求人採用サイトだけをリスティング広告にかけていく。
大企業を中心に取り入れている求人方法です。

 建設土木業

 医師・看護師

 歯科医院

 動物病院

優秀な人材の獲得が企業の成長の鍵
優秀な人材の獲得が企業の成長の鍵今、仕事がたくさんあっても、人材の雇用と育成を継続していかないと企業の成長はやがて止まります。 とはいえ、ハローワークに登録すればいい、求人媒体に出稿すれば済むという問題ではなくなってきました。いい人材はそのような手法ではなかなか来ないし、条件のいい大手企業に集中するだけです。 ハローワークだけでいい人材が来ないと嘆く時代はとっくに過ぎています。

さらに、求人はフリーペーパーなどの紙媒体からウェブまで様々ですが、お金がかかります。かけたお金に見合うか、それ以上の効果が出るならば問題ないはずですが、応募が来るかは賭けであり、よくみると同業の大手が質も量も凌駕して広告を出しており、同じ土俵で勝負しても敵わない、2極化が進んでいるのが実情です。

求人広告はコストが見合わないというのが現実ではないでしょうか?

ですが、自社内で求人採用サイトをつくり、求人広告費用を抑えながら、優秀な人材を獲得している企業が増えているのです。中小企業の面接でも、「会社のホームページを見てきました。」「求人採用サイトを見てきました」というケースが多くなりました。面接前に、きちんとその企業の調査をしてきている、そういう人材の方が優秀なのは当然です。
ハローワーク?求人広告?それとも自社サイトに投資するか?
ハローワーク?求人広告?それとも自社サイトに投資するか?一人あたりの採用コストは、年収のおよそ30%程度とも20~100万円程度とも言われています。マイナビニュースによると、各社が1年間で「求人広告」に掛けた費用は平均353万1,200円となっています。費用は会社が存続する限り、ずっとかかり続けます。仮に1人あたり50万円かかるとすると、10人採用するには500万円の「広告費」がかかっていることになるのです。

いままで、求人採用の専門サイトまで作るのは大企業が主体でした。
リクルートやマイナビ等、求人をビジネスにしている会社の「求人採用サイト」ほど凝ったものはありません。求人をビジネスにしつつノウハウを蓄積させ、最先端で最大効果を生む手法を実践しているのが実情といえます。

弊社では大企業が取り入れている求人手法、とりわけ求人広告会社が最も力を入れているといえる「求人採用サイト」を全国の中小企業でも取り入れていく活動をしています。
ハローワークでもダメ、求人情報サイトやチラシ広告にお金をかけても費用対効果が低いなどといった中小企業の求人採用事情を変えたい、支えたいと考えています。

優れた人材は求人広告や文字情報だけでは応募しません。
企業の名前を知り、ネットで検索しその会社の情報を調べイメージする。そこまでする人こそが行動し考えて動ける人材といえます。
ハローワークで紹介されただけならそこまでの人材なのです。


求人採用サイトは、求職者が会社のイメージを感じることができるメリットがあります。会社の雰囲気をより正確に伝えることが出来れば、「私はこの会社で、この分野で活躍できる」といった具体的なイメージを持って頂きやすいですし、応募の質も上がってくるでしょう。少なくとも、「働いてみたら、イメージと違った」といったケースを減らし、教育コストなども軽減できます。

また、求人採用サイトを作っても、誰がみるのか、検索で上位表示されなければ意味がない事も事実ですので、基本的なSEO対策はもちろんのこと、検索順位を入札という形で操作できるリスティング広告の提案や、無料求人情報サイトへの登録代行、従来の有料型求人広告媒体の代理店なども行っておりますので、規模や予算に合わせた様々な提案が可能です。

弊社は、御社の求人採用事情を変える、優秀な求人採用サイトを提供しています。
会社の末永いブランディング・イメージアップのためにも
会社のイメージアップのためにも業界によってはインターネットへの参入が遅い、定着していないところがあります。未だ、自社サイトがない、それでやってこれたしこれからも予定はない。求人ならばハローワーク。そういう会社も多いかとおもいます。弊社が提供する「求人採用サイト」は求人情報だけでなく、会社や仕事についてのページもご用意していますのでオフィシャルサイトとしても通用します。

優秀な人材はハローワークや求人広告の情報だけでは応募しません。会社を調べイメージを知る。そのためにもホームページが必要になってくるのです。

求人ノウハウがあり、とても上手い会社は人材派遣のようなサービスまで業務に加えていることがあります。
そのような会社のホームページは求人の扱いをとても大切に丁寧に作成していることがわかるとおもいます。スタッフの声やインタビューまで入れるなど。
大手企業、とりわけリクルートやソフトバンクなど、求人を扱う広告会社の「求人採用サイト」ほど凝ったものはありません。
求人こそが会社成長の要であり、ホームページの主要な意図、目的であるからなのです。

この新卒採用サイトがすごい!イケてる企業まとめ20選←極端にすごい例です。
モバイルファースト スマートフォンにも標準対応
求人採用サイトをリスティング広告に出しましょう
リスティング広告とは、検索エンジン(Yahoo!やGoogleなど)でユーザーがあるキーワードで検索した時に、その検索結果に連動して表示される広告の事です。 掲載される場所は、下記の図をごらんください。
リスティング広告
キーワード単位で出稿できるため、今すぐ探している求職者の応募、獲得に効果的
検索連動型広告リスティング広告は、求職者が検索したキーワードに連動して表示されます。そのため、「検索連動型広告」とも呼ばれます。
求職者は、検索したキーワードに関する情報を欲しています。さらにその求職者の1%が今すぐ求人応募するとしたら、その1%の求職者を獲得するために最も有効な手が「リスティング広告」です。
リスティング広告はキーワード単位で広告出稿ができるため、検索キーワードに含まれる求職者の興味・関心にターゲティングすることができます。
「通勤圏内のエリア」「職種や資格」「性別」「年齢」などに絞ったキーワードの選定が効果的です。
通勤不可能な、日本全国の応募希望者を対象にする必要はないのです。
そのキーワードで検索するユーザーのニーズとは何かを考察した上でリスティング広告を出稿すれば、求職者獲得に繋がるでしょう。
掲載媒体は「Google」と「Yahoo!」
リスティング広告が掲載される媒体は、Yahoo!の「Yahoo!プロモーション広告」とGoogleの「GoogleAdWords」の2つです。
まずはこの2つの媒体を押さえておけば充分です。

GoogleAdWords

Googleをはじめとした検索エンジンの検索結果ページに表示されます。
利用者数は世界NO.1、国内ではYahoo!に続き第2位です。
国内の検索エンジンの3割近くを占めます。

掲載サイト: Google、goo、@nifty、BIGLOBE、AU one、Thchnorati、ライブドア、 LUNASCAPE、Hatend、Aladdinなど

Yahoo!プロモーション広告

Yahoo! JAPANをはじめとした検索エンジンの検索結果ページに表示されます。
国内No.1のページビューを誇り、国内の検索エンジンの6割近くを占めます。

掲載サイト: Yahoo! JAPAN、Live Search、日経ネット、フレッシュアイ、エキサイト、オールアバウトなど
コントロールが出来るのがSEOとの違い
リスティング広告とSEOは、検索結果上で見た際に間違えられやすいものですが、一番大きな違いは、表示するためのコントロールができることです。
リスティング広告は、キーワードの入札価格や広告としての品質によって順位付けられて表示されるため、お金を出しさえすれば検索結果の上部に表示させることが出来るのです。

一方SEOは、検索エンジンのアルゴリズムによって順位付けられて表示される自然検索枠であるため、検索結果1ページ目に表示させるためには多くの時間と労力、コストを要します。
同業種の大手企業やライバル企業をSEOのみで抜くのは難しく、サイトの歴史も古い方がSEOに強い傾向があります。新規で作ったもので結果を出すのは至難の業です。

求人採用サイトを作ってもリスティング広告をかけず、そのまま放置していては検索結果になかなか反映されず、誰もみてくれない状態が続くだけでしょう。
リスティング広告でコントロールできること
  • 入札価格を自由に設定できる
  • 低価格から始められる
  • 表示順位も入札価格によってある程度コントロールすることができる
  • 表示させるリンク先を自由に設定できる
  • 出稿するまでに時間があまりかからない
  • 表示させる、させない、も自由に設定できる
最後の手段 信頼の求人広告媒体
信頼の求人広告媒体今まで、求人といえばハローワークへの登録、リクルートやマイナビなどの大手媒体への出稿か、人材派遣会社への登録といった人材募集活動の発注が常識でした。しかし、そのような人材サービスの会社ほどリクルーティングサイト(求人採用サイト)に力を入れ、積極的な採用活動の最先端を走っているのをご存じでしょうか?人材こそが企業成長の鍵であり原動力ですから、求人サービスと平行して最高に優秀な人材は自社で採用したいと考えるのは必然です。 求人採用をビジネスにしつつノウハウを蓄積させ、最先端で最大効果を生む手法を実践しているのが実情といえます。

弊社の取引先のお客様でも大手求人サイトへの掲載、登録をしているところはありますが、非常にコストがかかり、費用対効果が悪いと嘆いているところが多いです。
実際、かけるコストや規模に差があり、同じ求人媒体に掲載していても大企業の条件や待遇などには太刀打ちできないですから仕方のないことです。膨大な求人情報の中からお客様の会社が選ばれるのは難しいことです。

けれども、歴史と信頼、ノウハウの蓄積がある大手求人サイトを頼りに求職活動を行っている人が多いのも事実ですから、見切りをつけるわけにはいきません。弊社は大手求人サイトの代理店も行っていますので各種媒体への出稿が可能です。

主な取り扱い求人媒体

 
 
しかしながら、手段としては3番手

  • ①まず第一に求人専用サイト作成
  • ②次にエリアや業種を選定したリスティング広告
  • ③最後の手段としての有料求人媒体掲載
と捉えて提案しています。
大手求人サイトに掲載しても、応募に値する条件や待遇が記載されていないと意味をなしませんし、求職者は応募候補の会社ホームページや求人採用サイトを調べて会社の雰囲気や仕事内容を深く知った上で応募しますので、それにふさわしいサイトを有していないと意味をなしません。
求人採用サイトはもちろん、会社サイトもない状態で求人媒体にお金をかけて出稿するのは間違いであると考えています。
弊社独自の提案とサービス
前述の通り、求人広告媒体への掲載は、掲載するにふさわしい条件が整ってから、それでもなお、求人採用に苦労している企業への3番目の手段であると考えていますが、求人媒体は有名なところばかりではありません。地域や業種、条件など様々な要素を検討すれば、費用対効果の高そうな媒体や無料で掲載できるもの(採用課金などではありません)もあるのです。
弊社で求人採用サイト作成やリスティング広告への出稿をしていただいたお客様を対象にそのような媒体の提案や代行掲載サービスを承っております。
無料媒体

求人Free

http://www.onecoin.co.jp/free/

求人情報「Q-JiN」

http://www.q-jin.ne.jp/
求人検索エンジン(課金が必要な場合アリ)

Indeed

http://jp.indeed.com/

キャリアジェット

http://www.careerjet.jp/
上記はほんの一例です。
その他、地域や業種、条件などで様々な媒体があります。
それらへ掲載することで速攻性のある結果が得られるかどうかは未知数ですが、SEO効果、アクセス対策には間違いのないものですので、手を打って損は絶対にありません。
お問い合わせ
必須種別
必須御社名
必須ご担当者様名
必須メールアドレス
ホームページ
必須電話番号 - -
必須相談や質問

 

取材・撮影
取材・撮影弊社では全ての制作物に関して、動画(インタビュー)・静止画撮影を用いた丁寧な取材を行う事を徹底しました。かつては、メールのみのやりとりや取材シートを送付し、原稿、データ待ちのような仕事も行っていましたが、お客様の元に出向き、意図や目的をヒアリングし、それをしっかりと制作物に表現することが大事であると思い至りました。

取材内容を元に、徹底した作りこみをした上でお客様に提示しますので、時間が経っても制作物が完成しない、なかなか形にならないといった問題を解消し、完成レベルに近い形でお客様に提示し、そこから各種調整や修正を図っていきます。

企画のご提案から、調整、取材、撮影まで対応させていただいております。
それをWebや紙媒体にワンソースで使用できるのが弊社の強みです。

集客でも求人でもより成果の出るものに変えてみせます。

問題を抱えたら、ネットで調べます。そして一番信用できそうなしっかりしたホームページを選びます。
これは、お客様にも求人にも言えることではないでしょうか?
末永く経営していくためには、設備や技術、サービスと同じくらい大事なことであるとおもいます。
誰もがみなスマホを見ている今の状況と未来をよく考えてみてください。

技術もサービスも向上し、設備や施設も拡張や改修が必要なのと同様、ホームページも進化・成長が必要です。